全身脱毛の支払い方法は月額制と払い切りならどっちの方がお得?

全身脱毛の支払い方法にはどのような種類がある?脱毛サロンごとの支払い方法をチェック

全身脱毛の支払い方法は月額制と払い切りならどっちの方がお得?のイメージ
全身脱毛をする際は、ある程度の費用が必要になってきます。数年前と比べるとかなりリーズナブルな価格になりましたが、それでも十数万円の費用が掛かります。でも、今は大変利用しやすい支払い方法を採用している脱毛サロンが増えているのを知っていますか?

全身脱毛の月額制と払いきり、どっちの支払い方法がお得?条件や目的で変わるおすすめの支払い方法

全身脱毛の月額制と払いきり制はどう違う?損をしない選び方とは

全身脱毛をしたいと思った時、料金の表示がわかりにくいなぁと思った事はありませんか?そして、できれば安く全身脱毛ができたら嬉しいのに・・・と思うのはみんな一緒ですよね。

そんな時に大事になってくるのが、月額制・払いきり制脱毛の違いを知っておく事なんです。選択を間違うと、全身脱毛の料金が何万円も違ってくるケースもあるので、まずは違いをしっかり理解しておきましょう。

そして、プランの料金自体がたとえ安くても、分割の手数料などで高上がりになってしまう場合もあります。ここでは、ローンやカードなど支払方法も紹介しながら、お金で損をしない全身脱毛サロン選びについて解説していきましょう。

月額制全身脱毛ってどんなプラン?

では、まずは全身脱毛プランのタイプを順番に説明していきますね。全身脱毛の月額制とは、簡単に言うと習い事の月謝のようにお金を毎月支払って脱毛する事です。

月額料金の相場も1万円前後とリーズナブルで、学生さんや主婦のパート代でも支払える金額なので人気のプランなんですね。月額制にはどんなメリットとデメリットがあるのか?その特徴をチェックしてみましょう。

月額制全身脱毛のメリット・デメリット3つ

メリットデメリット
毎月の支払いが安く済む!
いつでも始めて辞められる!
一度に高額な契約を結ばなくて良いので安心!
長く続けると払いきり制より割高になりがち
通う頻度が多すぎて通いにくいお店も
脱毛卒業までの期間が長すぎる事も

全身脱毛の月額制は短期間の脱毛向き!

月額制で全身脱毛をするメリットは、まずその月額料金の安さにあります。いつでも始められて辞められる点も気軽ですし、1回の契約が高額にならないのでローンを組んだりする必要もありません。

ただ、月額制は何年通っても金額が安くなるという事がありません。後で説明しますが、払いきり制の場合は長く・多く脱毛すると割引きになる事が多いんです。目安として、12回以上脱毛するつもりなら月額制より払いきり制を選んだほうがお得になる傾向があるんですね。

12回脱毛するとムダ毛はかなり目立たなくなり、たまに剃るだけで済む程度まで薄くなるので、ほどほどの脱毛で良いなら月額制のほうが安く済む場合がほとんどです。ごくシンプルに、短期間の脱毛なら圧倒的に月額制が安いと覚えておきましょう。

そしてもうひとつ重要なのが、月額制プランは払い切りと比べ、脱毛卒業の時期が遅くなる場合がある事です。全身脱毛と言っても月額制プランの場合は、1度の来店で全身すべてを脱毛してもらえないお店があるんですね。

代表的なのが脱毛ラボで、1度の来店で4分の1ずつ脱毛していくため、全身脱毛1周に4ヶ月かかってしまいます。そうなると、1度の来店で全身すべてを脱毛できる払い切り制に比べ、月額制だとかかる月日は4倍です。通う頻度も多く、辛いスケジュール管理や交通費の点で損をしてしまう事にもなりかねません。

たとえ広告の月額料金が安くても、それは全身の4分の1の脱毛料金かも知れません。どのサロンを選んだらいいのか選びにくいのも月額制度の欠点と言えるでしょう。そこで、この先オススメの月額制サロンをピックアップしておきましたので、ぜひ参考にして下さいね。

月額制全身脱毛を選ぶとお得な人

  • ムダ毛が多少薄くなればいい人
  • 借金やローンに抵抗のある人
  • 全身脱毛を気軽に始めてみたい人

月額制全身脱毛ならキレイモがオススメ

月額制のサロンを選ぶなら、上半身・下半身を1ヶ月ごとにローテーションして脱毛するキレイモがオススメです。2ヶ月で全身1周の脱毛が終わるので脱毛卒業まで最短期間で行く事ができますよ。月額料金も9,500円とリーズナブルなのも嬉しいところです。

払いきり制全身脱毛ってどんなプラン?

払いきり制の全身脱毛プランとは、一定回数の全身脱毛に対してお金を支払うスタイルを指します。払いきり制には、パックプランと脱毛し放題プランの大きく分けて2種類が存在するので、その違いとメリット・デメリットについて知っておきましょう。

払いきり制パックプランのメリット・デメリット3つ

パックプランとは、払い切り制のひとつで、脱毛の回数を決めて契約する方法です。1度に全身脱毛数回分を契約するので、契約が10万円を超える場合もありますが、ローンや分割払いも利用して支払う事ができます。

メリットデメリット
脱毛回数が増えるほど1回分の料金がお得に!
パックプランのみ優遇サービスがあるお店も
月額制より通う頻度が少なく済んで楽ちん!
1度の契約金額が高額になりがち・・・
途中契約すると解約手数料が発生するお店も
契約回数内に期待した効果が出ない事も?

パックプランは回数を多く契約するほど1回の脱毛が安くなるので、12回以上脱毛したいならパックプランがお得でしょう。脱毛回数も12〜15回程度になると剃る頻度は極端に減り、毛量の少ない人ならムダ毛がもう生えてこなくなる場合もあるので、選ぶ目安にして下さいね。

そして月額制とパックプラン両方を実施しているお店では、高額な契約をしてくれたパックプランのお客さんが予約やサービス面で優遇される傾向にあります。具体例は後ほど、オススメのサロンの部分で触れますね。

そしてパックプランだと、1度の来店で全身をまるごと脱毛してもらえるため、通う頻度が2〜3ヶ月に1度で済むのも大きなメリットです。月額制だと月1回以上はお店に通わなくてはならないので、パックプランのほうが楽ちんですね。

ただ、脱毛する回数が決まっているため、スタッフさんと合わない・脱毛効果が感じられないなどで辞める場合は解約手続きをしなくてはいけません。月額料金の場合は「今月で辞めますので、翌月分支払をストップします」で辞められますが、パックプランの場合はそうもいきません。たとえ返金されても、解約手数料を引かれる場合がほとんどなので注意したいですね。

また「ここまで脱毛したい」という効果がパックプランの回数内で得られる保証はありません。効果を確実なものにしたいなら、後ほど触れる脱毛し放題のほうが良いでしょう。

パックプラン全身脱毛を選ぶとお得な人

  • 全身脱毛の予算・期間がしっかり決まってる人
  • 月に2〜3回剃ればツルツルが維持できるくらい脱毛したい人
  • 契約した回数分をがんばって脱毛サロンに通える人

パックプランのを契約するならキレイモがお得!

さきほど、パックプランを契約する事で優遇措置があるお店の話に触れましたが、それがキレイモです。

キレイモのパックプランなら、月額なら有料だった脱毛の下準備であるシェービングが無料で受けられますし、1度の来店で全身を脱毛してもらえるため、通う頻度も月額制の半分で済みます。予約の変更もパックプランでしかできない特典ですね。料金も安いので、パックプランを契約するならキレイモが一番良いでしょう。

ただ、キレイモは分割支払がリボ払いでしかできない欠点があります。詳しくは支払方法の部分で触れますが、プランの料金を一括で払えるだけのお金を用意しておきたいサロンですね。

払いきり制脱毛し放題のメリット・デメリット

何回と言わずとにかくツルツルになるまで徹底的に脱毛したい人や、毛深くて何回脱毛すればいいか見当がつかない人には脱毛し放題がオススメです。一度契約するとその後ずっと脱毛し放題で、何回脱毛しても定額というのが脱毛し放題プランの特徴です。そのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリットデメリット
追加料金なしでずっと脱毛し放題!
ムダ毛が復活した時も追加料金なし!
分割払い可能だから毎月の支払いが楽々
1度の契約が30万前後と高額・・・
実施してるサロンが少なくお店を選べない
ムダ毛が薄い体質の人だと損な事も?

脱毛し放題の魅力は、まず何度脱毛しても一定金額内という事です。そこで、目指すべきは完璧なツルツルボディですよね!概ね、ムダ毛を剃ったり抜いたりが必要なくなるまでの脱毛回数は18回程度と言われています。

ちなみに、月額制やパックプランでこれを実現しようと思うと、脱毛し放題より高上がりになってしまいます。完璧にずっとツルツルでいたい!と思ったら脱毛し放題を選ぶのが良いでしょう。

しかし当然ですが、脱毛し放題なので脱毛料金はそれなりにかかりますよね。そこで、お店は脱それを前提に分割払いへのサービスを充実させていて、分割手数料が無料だったり月額1万円程度から支払えたりします。実は手持ちがあまり無くても契約できる体制が整っているんですね。詳しくは後ほど、サロン別支払方法の部分で触れていきたいと思います。

ただ、全身脱毛し放題を実施しているサロンは少なく、大手では銀座カラーとシースリーくらいです。あまり多くのお店から選べないのは少し寂しいところですね。

そしてけっこう大事なのが、毛量が少ない人は脱毛し放題をするまでもない場合があるという事です。ムダ毛が薄い人は、脱毛12回以下でも剃ったり抜いたりが不要なくらいツルツルになる場合も多いんですね。それなら脱毛し放題を選ぶよりパック料金を選んだほうがお得と言えます。

自分の体毛が薄いかどうかはなかなか判断しにくいので、脱毛サロンのカウンセリングに行った時に見てもらうと良いでしょう。

全身脱毛し放題プランを選ぶとお得な人

  • 絶対完璧なツルツルボディを目指したい人!
  • 毛深くて何回脱毛したらいいか見当もつかない人
  • 契約が多少高額でも根気強く支払える人

脱毛し放題なら銀座カラーがオススメ!

脱毛し放題で最も安いのは銀座カラーです。顔は12回までしか脱毛できませんが、ボディはずっと脱毛し放題なんですね。料金は税抜きで187,650円と30万を余裕で切っており、かなりリーズナブルです。

ただ、銀座カラーは分割手数料を10回分までしかお店で負担してくれないため、できれば現金・クレジット一括払いで支払うのが良いでしょう。一括払いの場合、脱毛に使えるクーポン券のプレゼントもありますよ。

銀座カラーの比較対象として考えたいのが、脱毛し放題を実施してるシースリーです。シースリーは顔も脱毛し放題なので若干料金が高いですが、分割の手数料が完全無料なのは嬉しいですね。料金の点で編集部のオススメは銀座カラーですが、シースリーとどちらを選んでも損は無いと言えます。

脱毛サロン別に支払い方法をチェックしておこう!

このように、それぞれの全身脱毛プランにはメリット・デメリットがあり、自分に合ったプランを契約するのがお得に全身脱毛するカギなんですね。しかし、プランの金額が最終的な支払い金額になるとは限りません。

ここで紹介したプランの総額は概ね1〜30万円の間ですが、分割の手数料や支払い方法によってはさらに得したり、損したりする事が考えられます。どんな支払い方法があるのか、どれを選んだらお得なのか、お店ごとに解説していきましょう。

キレイモの支払い方法は一括払い!

  • パックプランはクレジット一括払いが基本!
  • 月額制は銀行引き落とし・クレジットの前払制

キレイモの支払いは基本一括払いです。ただ、パックプランの金額が大きい場合は一括ではなく、クレジットカードのリボ払いで分割にする事も可能です。ただ、リボ払いは手数料が高くオススメできません。一括払いができるよう、お金を用意しておきたいサロンですね。

銀座カラーは自社ローンあり!でも一括が最もお得

  • 最大36回まで銀行引き落としによる分割払いが可能
  • 3万以上の契約で分割10回までなら金利手数料無料!
  • 現金・カード一括払いでクーポン券がもらえる
  • 未成年は都度払いが可能なので安心!

銀座カラーは、一括払いも自社ローンによる分割払いもOKな脱毛サロンです。最大36回まで分割が可能で、10回までなら金利手数料無料なのが嬉しいですね。分割の場合は頭金を最初に支払う事になるので、多少のお金は用意しておきたいところです。

また、銀座カラーで一括払いした場合は脱毛に使えるクーポン券がプレゼントされます。現金なら金額の10%、カード一括なら5%なので、できれば現金一括で支払うと一番お得ですね。このクーポン券は契約者でなくても使えるので、誰かにプレゼントしても良いでしょう。

シースリーは分割払い手数料が無料!

  • 月額7,500円から分割払い可能!支払いも楽々
  • 分割時の金利手数料はシースリーが全て負担!
  • 現金一括・クレジット・口座引き落としが選べる

シースリーの支払い方法は現金・クレジット・毎月の引き落としが選べます。しかも、月々の分割払いにした場合もシースリーが全て手数料を持ってくれるのが嬉しいですね。分割にも種類が複数あり、何回に分割するか選ぶ事ができます。カウンセリングの時にどんなペースで支払うか、スタッフさんに相談してみるといいですね。

脱毛ラボの支払い方法

  • 現金・引き落とし・クレジット・デビットカードが利用可能
  • 基本は一括払い!手持ちがない場合は自分でリボ払いを設定
  • 月額料金の支払いはクレジット・引き落としがオススメ!

脱毛ラボの支払い方法は現金・口座引き落とし・クレジットカード・デビットカードが利用できます。月額プランの料金が安いので、口座引き落としでもクレジットでも楽に払えますね。

しかし、脱毛ラボの支払いはパックプランでも基本一括払いですので、どうしても手持ちがない場合はクレジットカードで契約してリボ払いを設定する方法しかありません。ちょっと残念ですね。

注意!全身脱毛の分割払い・ローンには審査がある

「全身脱毛を契約しても分割で支払えば楽々だね!」と思った人もいるかも知れませんが、実はそこにもうひとつステップが存在します。ローンの審査ですね。

ローン・分割とはつまり借金の事です。貸した側としては「きちんと返してくれる人じゃないとローンを組ませる事はできないよ!」と思っているんですね。そのきちんと返せるかチェックする事がローンの審査です。ローン審査ではどんなところを見られるのか、よくチェックしておきましょう。

ローン審査ではどこを見るの?

  • 安定した収入があるか
  • 借りたお金を返せずトラブルになった事は無いか
  • 自己破産した事は無いか

まず、安定した収入とは別に正社員である必要はありません。パートやアルバイトの人でも収入さえあればOKです。専業主婦や親御さんの扶養に入っている人でも、旦那さんや親御さんの名義でローンを組んだり、収入が証明されていれば問題ない場合がほとんどです。無職・無収入の人は審査を通らない場合がありますので注意したいですね。

そして、最も注意したいのが、過去お金がからむトラブルを起こしてしまった事がある人です。実は、お金を貸す業者はお金を返せなかった人・トラブルを起こした人の情報を互いに共有しているんですね。その情報は通称ブラックリスト、正しくは事故情報と呼ばれています。

具体的には、過去借りたお金を返すのが遅れた、返せずにクレジットカードを解約させられた、自己破産したなどのお金のトラブルがあった人の名前がブラックリストに記されているんですね。

トラブルが昔の事だったり、その他様々な事情で審査が通過できる場合もありますが、ブラックリストに載ってしまうとあらゆる借り入れが出来なくなってしまう事は覚えておきたいですね。

全身脱毛料金のローン審査が通らなくてもクレジットで分割払い可能?

トラブルなく生活していればローン審査は問題なく通過する場合がほとんどですが、過去にお金の事故があった人もいるかも知れません。しかし、たとえローン審査がダメでも、手持ちのクレジットカードで分割払いができるんですね。そう、クレジットカードにはリボ払いがあるんです。

分割払いはできるけど?リボ払いが損な理由!

クレジットで支払いたいけど、今はお金がない・・・そんな時に便利なのが毎月決まった金額が引き落とされるリボ払いです。しかし、リボ払いには分割払いができるというメリット以上に、高額な手数料というデメリットがあるんですね。

リボ払いの手数料はカード会社によって差はありますが、おおよそ年率15〜18%にもなります。例として20万円の契約で、手数料の年率が15%、月々の返済額が5,000円で返済完了まで40ヶ月で計算した場合、20万円の脱毛料金に上乗せされる手数料は約5万円にも及びます。

せっかく安いコースを選んで契約しても、そのほかに手数料5万円が上乗せされてしまうのでは意味がありませんよね。できれば手持ちのお金でクレジット一括払いか、ローンの審査に通れる努力をしたほうがリボ払いよりお得でしょう。

まとめ:全身脱毛プランによってお得な支払い方法は違う

ここまで全身脱毛プランの違いや、それぞれのお店でどんな支払いができるのか説明しましたね。しかし、あまりに情報が多くてよくわからない!と思ってしまった人もいるのではないでしょうか?そこでシンプルに結論をまとめてみましょう。

プランのタイプオススメの支払い方法理由
月額制全身脱毛銀行引き落とし
クレジットカード一括払い
毎月自動的に支払われて便利!
払い切り制全身脱毛脱毛サロンの自社ローン
現金やクレジット一括払い
ローンの手数料を負担してくれるサロンや、一括払いだと特典があるお店も!

1回の支払額が安価な月額制全身脱毛は、手数料などがかかるローンや分割よりも、口座引き落としやクレジット一括払いが良いでしょう。毎月引き落とされるように設定しておけば、支払い忘れもなく便利ですね。

契約金額が高額になりがちな払い切り制の全身脱毛は、分割するなら手数料をサロン側が負担してくれるタイプの自社ローンか、お金の手持ちがあるなら現金やクレジットでの一括払いだと手数料がかからずお得でしょう。

具体的にこの表にあてはまる脱毛サロンあげれば、月額制や少ない回数を脱毛するなら一括払いのキレイモ、脱毛し放題なら一括・分割両方お得な銀座カラーか、分割手数料無料のシースリーがオススメですね。編集部オススメの優良サロンで、損をしない全身脱毛をスタートさせましょう!

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
美肌ケアとスピード脱毛
銀座カラー

シースリー
何回でも通い放題
シースリー

ラットタット
駆け込み脱毛OK!
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめサロン

全身脱毛が可能なおすすめクリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ