脱毛サロンで全身脱毛をする際にしておいたほうがいい前処理について

全身脱毛をする際にしておいた方がいい前処理とは?

脱毛サロンで全身脱毛をする際にしておいたほうがいい前処理についてのイメージ
脱毛サロンへ行く前に、行っておいた方がいい前処理ってなに?全身脱毛をする際に知っておくべき事前処理の方法とその理由について、わかりやすく説明します。

全身脱毛をする際は前処理が必要?知っておいて損はない施術前の前処理を完全マスター

脱毛サロンで施術を受ける前に必要なのが、ムダ毛を剃っておく前処理です。

そもそも何日前まで剃ればいいの?剃り残しがあったらどうしよう?など、前処理の疑問が頭にいっぱいですよね。

ワキや足のほか、全身脱毛するとなるとアンダーヘアは全剃りするの?もみあげもどこまで剃ったらいい?うなじや背中のように見えない場所はどうするの?と言った、部位ごとの疑問も浮かんできます。

ここでは前処理の基本や部位ごとの処理方法のほか、前処理を手伝ってくれるシェービングサービスの内容と金額をサロン別に調査してみました。

基本的な前処理のやり方

基本的な前処理のやり方

脱毛サロンで行うフラッシュ脱毛は、毛の黒い部分に反応する光を当てて熱を伝え、毛根を焼き切る事で脱毛します。ただこの時、長いムダ毛が残っていると毛根まで熱が伝わらず、うまく脱毛ができないのです。

脱毛の前処理とは、フラッシュ脱毛がうまく行くために必要な事なんですね。つまり、全身脱毛するなら全身の毛を事前に剃っておくのが脱毛のルールなんです。

では、基本的な前処理のやり方を見ていきましょう。

脱毛の前処理は抜かずに剃ろう

脱毛の前処理は毛が長く残ってはいけません。だからと言って、除毛器や毛抜きなどで毛を抜くのはNGです。

フラッシュ脱毛の光は毛の黒い色に反応するため、抜いてしまうと反応する物体が無くなってしまいます。そうなると効果が出ないんですね。

一番良い前処理は、剃る事なんです。

フラッシュ脱毛の邪魔になる表面の毛はきれいに剃られますが、黒い毛根は肌に残ります。これで、脱毛の効果がもっとも実感できる状態になるんですね。

剃ったあとは、クリームやローションで保湿しておくと肌トラブルを予防できます。

脱毛何日前に前処理をすればいい?

前処理は早すぎてもムダ毛が伸びてきてしまいますし、脱毛当日だとカミソリ負けなど肌の状態が悪くなって、脱毛できなくなってしまうリスクがあります。

ですので、理想的なのは1〜3日前となります。

ここで注意したいのが、ムダ毛が伸びる速度にも個人差があるという事です。概ねフラッシュ脱毛に適しているのは長さ1〜2mm以下のムダ毛と言われています。

3日前に剃っても、伸びるのが早い人だと2mm以上になってしまうケースもあるので、日頃から自分の体毛が伸びるスピードを観察してムダ毛が育ちやすい人は前日に剃るようにしましょう。

脱毛の前処理で剃り残しがあるとどうなるの?

脱毛サロンを契約する前に必ず無料カウンセリングがありますが、その時に詳しく「前処理はこうして下さいね」という説明があります。

脱毛サロンにもよりますが、実は決められた部位の前処理をしていかないと脱毛を断られる場合もあるので、注意が必要です。

そう考えると「前処理を完璧にしなきゃ」と緊張してしまいますが、実はマイ電気シェーバーを持っていけば、脱毛の直前に剃り残しを発見してもその場で剃れるので安心なんです。

前処理には電気シェーバーがおすすめ

剃ると言うとカミソリが真っ先に思い浮かびますが、カミソリは深ぞりができる代わりに肌の表面も削り取ってしまうリスクがあります。

肌の表面が乾燥して肌荒れや色素沈着の原因になりがちなので、前処理に使う道具には電気シェーバーがおすすめなんです。

顔やデリケートゾーンなどは凹凸が多いので、細かい場所まで剃れる顔用の電気シェーバーを選ぶといいですね。

価格も2,000円〜5,000円ほどで、ネット通販はもちろん、家電量販店やドラッグストアでも買えます。

ただ、電気シェーバーで上手に剃るにはちょっとしたコツが必要です。

電気シェーバーで上手に剃るポイントは、毛の流れに逆らい歯を立てて剃る事。ある程度慣れればだいぶ深く剃れるようになりますので、このポイントを意識して練習してみましょう。

VIOやもみあげ、手が届かない部位の前処理方法

前処理とはムダ毛を剃ればいい事がわかりましたが、部位によっては「これ、どこまで剃ったらいいの?」という部位や手が届かない部位もあります。

ここからは、特に注意が必要な部位の前処理方法をみていきましょう。

VIOの前処理は全剃り?それとも残す?

VIO(アンダーヘア)の前処理のルールは、まず脱毛する場所は剃る、という事です。例えば、Vラインのサイドのみ脱毛する場合はその部分だけ剃り、真ん中のアンダーヘアは残したままで構いません。

ミュゼなどでは「アンダーヘアはここまで剃ってください」という透明なVラインプレートをもらう事ができます。どこまで処理したら良いのかわかって便利ですね。

アンダーヘアをツルツルにしたい場合や、最初の数回はVIO全体を脱毛してアンダーヘアを細く少なくボリュームダウンしたいという場合は、全剃りが基本です。

脱毛範囲が決まったら、次は実際の前処理をしてみましょう。まずはハサミでムダ毛を豪快にカットします。こうしないと、カミソリや特に電気シェーバーが引っかかってうまく剃れません。

ハサミで毛を取り除いたら、丁寧に剃っていきましょう。特にVラインと肛門の間のIラインや、肛門まわりのOラインは見えにくいので、鏡を置いて剃り残しが無いか見ながら丁寧に剃っていきましょう。

もみあげは理想の形を決めてから脱毛前処理をしよう

もみあげを髪の毛のキワまでしっかり脱毛すると、化粧ノリが良くなったり顔が洗練された印象になるメリットがあります。

ただ、好みによって少し残したい、形を整えたいなど、いろんな理想があると思います。

ですので、脱毛する前に自分の理想のもみあげを考えてみましょう。まずは片方だけ電気シェーバーで剃って、理想の形に整えてみましょう。

鏡の前でじっくり見てみると「全部剃ったら何か変?」「残すならこの形でこれくらいの毛の量がいいな」など、理想のもみあげの形が見えてきます。

片方を理想の形に整えたら、もう片方も同じ形に整えましょう。左右対称に整えるのは難しいので、アイラインなどの化粧品で剃る位置を下書きしてから剃ると間違いないですよ。

この整えたラインの通り脱毛してもらえば、理想のもみあげがキープできるようになります。

もみあげが濃すぎて悩んでいる人は、最初の2〜3回は全部剃って脱毛してもらいましょう。こうする事で、次に生えてくるもみあげの毛は薄く細くなっていきます。

うなじ・襟足・背中は脱毛前処理をしなくても良い

うなじ・襟足・背中は自分から見えない部分です。手も届かない部位なので、大手の脱毛サロンではスタッフさんが脱毛当日に剃ってくれます。

脱毛の契約をする時に背中やうなじのシェービングがあるか、金額はいくらか、よく調べておくことも大切です。脱毛の料金が安いサロンを選んだけど、シェービング代を含めると高くついたというケースもあるからです。

脱毛サロン別の前処理シェービングサービスを比較

ここからは、うなじや背中などの手が届かない場所を剃ってくれたり、剃り残しがあってもスタッフさんが剃ってくれる脱毛サロンのシェービングサービスを比較していきます。

無料・有料の違いや剃ってもらえる部位も違いますので、通う脱毛サロンによって前処理の仕方も変わってきます。

シェービングサービスがある脱毛サロン

サロン名シェービング
部位
料金備考評価
キレイモ全身月額制:1,000円
回数パック:無料
回数パックなら無料シェービングサービスあり
銀座カラーなし剃り残しは電動シェーバーを持参した場合のみ対応してくれます。
電気シェーバー必須です。
ミュゼ背中上下・
襟足・ヒップ奥
無料剃り残しはその日の施術NG
脱毛ラボ全身VIO込み:1,500円
VIO抜き:1,000円
通う回数が多いのでシェービング代が高額になりがち

キレイモのシェービングサービスは月1,000円かかりますが、回数パックの脱毛コースならなんとシェービングは全身無料になります。背中もうなじも剃ってもらえるので安心ですね。

襟足・背中上下・ヒップ奥のシェービングが無料のミュゼですが、これらの部位に剃り残しがある場合はその日の施術が出来なくなるので、万が一に備えて電気シェーバーを持って行きたいですね。

一見キレイモと同じくらいの金額に見える脱毛ラボのシェービング代金ですが、実は脱毛ラボは1回の脱毛範囲が全身の24分の1なため、通う回数が多くなり結果的にシェービング代もその回数分かかると考えましょう。

つまり、キレイモと脱毛ラボを比較すると、1回まるごと全身脱毛した場合キレイモ(2ヶ月に1度全身をまるごと脱毛)なら1,000円、脱毛ラボのVIO込みなら最大36,000円です。本来の脱毛料金以外にもこう言った費用が掛かるケースがあり、思いのほか高額になることがあるので気をつけてください。

シェービング代は完璧に前処理ができていれば払う必要はありませんが、なかなかそうもいきません。ですので、上手く処理できなかったことも考えて通う脱毛サロンを決めましょう。

脱毛の前処理は怖くない

脱毛サロンに通う時の前処理を完璧にするのは、なかなか難しい事です。見えない場所に剃り残しがあるのは、長く通っている人でも良くあることなんです。

しかし、電気シェーバーを持ち込んだりシェービングのサービスが充実している脱毛サロンを選べば、剃り残しがあっても対応してもらえるので心配いりません。

あとはもみあげ・うなじ・Vラインなどを、どんな形にしたいかあらかじめ理想を固めておくことです。

無料カウンセリングの時に「どんな形にしますか?」と絵や写真を見せて聞いてくれる脱毛サロンもあるので、迷ったら相談するのもいいですね。

ムダ毛もじゃもじゃのまま脱毛サロンへ行ってしまうのはさすがにNGですが、完璧じゃなくても大丈夫です。

ただ、店舗に着いてからシェービングするため、その分脱毛の施術に時間がかかってしまうので、できるだけきれいに剃って行くようにしたいですね。

シェービングサービスがあって安心して通えるおすすめの脱毛サロンはこちら → キレイモを詳しく見る

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
全身脱毛し放題で安心
銀座カラー

ストラッシュ
痛みの少ないスピード脱毛
ストラッシュ

コロリー
平日昼間は格安で脱毛OK
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめ脱毛サロン

全身脱毛が可能なおすすめ医療脱毛クリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ