脱毛サロンの予約時間に遅刻やキャンセルをしたらどうなるの?

脱毛サロンの予約時間に遅刻やキャンセルした場合の対応

脱毛サロンの予約時間に遅刻やキャンセルをしたらどうなるの?のイメージ
脱毛サロンの予約をしたけれど、突発的な用事やトラブルで遅刻やキャンセルをしなくちゃいけない事もありますよね?実は遅刻・キャンセルなどに対する対応はお店によってバラバラです。ここでは、サロンごとの違いについて詳しくお伝えします。

急な予定やトラブルで全身脱毛の予約に遅れたりキャンセルした場合はどうなるの?サロンごとの対応の違いまとめ

脱毛サロンに通い始めても、いろんな事情で遅刻やキャンセルしなくちゃいけない事ってありますよね。実は、遅刻やキャンセルの対応はお店ごとに差があるのはご存知でしたか?

遅刻やキャンセルに厳しいペナルティを課しているお店も多く、契約してしまってから後悔する人も実は少なくありません。なので、お店ごとの遅刻やキャンセルへの対応を知ってから、脱毛サロンは選んだほうがいいんですね。

全身脱毛の予約に遅刻・キャンセルをする時はどうしたらいいのか、各サロンでどう対応するのかなど、全身脱毛する上でお役立ちな情報をまとめました。

脱毛サロンの予約時間に遅刻しそうな時やキャンセルしたい場合はどうする?

せっかく脱毛サロンの予約をしていても、どうしてもその日時に店舗へ行けなくなるケースもあるでしょう。そんな時はどうしたら良いのでしょうか?いざという時の手続き方法や、脱毛サロンにおける遅刻とキャンセルの基本ルールを覚えておきましょう。

遅刻やキャンセルをする時はすぐ脱毛サロンへ電話しよう!

まず「これは遅れる!今日は行けなさそう」と思ったら、お店にすぐ電話しましょう。無断キャンセルはマナー違反ですし、スタッフさんの迷惑にもなります。ペナルティの有無にかかわらず、遅刻やキャンセルの連絡はちゃんとするようにしましょう。

公共交通機関の遅れで遅刻した場合は特別対応してくれる事も

全身脱毛の予約を入れていても、悪天候や電車の事故などでお店にたどり着けない事もありますよね?そういう時は、駅で遅延証明などを貰ってお店に提出しましょう。ほとんどのお店で特別対応してもらう事ができますよ。

遅延証明は駅の窓口・バスの運転手さんなどから発行してもらう事ができますので、公共の交通機関が遅れた場合は貰っておきましょう。

電車の場合は過去の遅延でも、鉄道会社によって1週間から1ヶ月程度なら遡って遅延証明を発行してもらう事ができるので、必要ならお願いしに行きましょう。バスについては、会社ごとに遅延証明発行のルールが大きく異なる場合があります。困ったら、該当のバス会社に問い合わせてみて下さいね。

要注意!生理中は脱毛できないお店もある

悪天候や事故などの他にも、急な仕事・体調不良・寝坊など、脱毛サロンに行けなくなる事情はいろいろですよね。しかし、本人が元気にサロンへ行けたとしても、生理中は脱毛を断られるお店もあるんです。

まず、全てのお店で衛生面の問題から、生理中のデリケートゾーン・VIOの脱毛はしてもらう事ができません。他の部分の脱毛も、生理によるホルモンバランスの崩れで脱毛の痛みを感じやすくなったり、肌が荒れやすくなる事から脱毛自体を断られるサロンもあります。

なので「全身脱毛の予約と生理がぶつかりそう!」と思ったら、すぐにキャンセルして予約を取り直す事をオススメします。

でも、予約当日に急な生理が来てしまう事も考えられますよね。そんな時は、デリケートゾーン以外なら生理中でも脱毛してくれるお店と契約すれば、予約をキャンセルせずに済みます。どこのお店なら生理中でも脱毛してもらえるか、詳しくはこの後のサロン別遅刻・キャンセル対応の部分で説明しますね。

遅刻・キャンセル対応が優しい脱毛サロン3つの条件とは?

ここまでに脱毛サロンの遅刻・キャンセルの基礎ルールはマスターできましたね。次は、最初にちょっと触れた脱毛サロンごと遅刻やキャンセルのルールが違うという話に移りましょう。

これから全身脱毛を契約するのなら、遅刻やキャンセルに優しいサロンを知っておいて損はありません。キャンセルや遅刻に対して優しいお店を見つける3ポイントを簡単に解説しますね。

  • 遅刻が20分以上許されるか?
  • キャンセルは前日までOKか?
  • 罰金などペナルティが無いか?

実際の例としては、遅刻した時点ですぐにキャンセル扱いになったり、2日前にキャンセルしないとペナルティが発生するお店もあったりします。こういったお店は避けたほうが良いでしょう。

脱毛サロンを選ぶ時に、ついつい料金が安いお店を選びがちですが、通う上で遅刻やキャンセルに対する優しさも実は重要な条件と言えそうです。では、遅刻やキャンセルに優しい脱毛サロンは具体的にどこなのでしょうか?サロンごとの条件をチェックしてみましょう。

キレイモの遅刻・キャンセルへの対応

  • 遅刻した場合は残り時間でできる限り脱毛可能
  • パック料金のみ前日までのキャンセル・予定変更可能
  • 生理中でもデリケートゾーン以外なら脱毛OK

キレイモは遅刻しても、時間が残っている限り脱毛してもらう事が可能です。月額プランの場合は1度予約してしまうと翌月まで次の予約ができないため、遅刻してもお店まで行ったほうが良いでしょう。

パック料金の場合も、当日のキャンセルになると1回分の料金が消化されてしまうので、遅れても脱毛しに行ったほうが損が少ないと言えます。ただ、パック料金で契約している場合のみ前日まで予約の変更ができるので、キャンセルがまだ間に合うなら予約を取り直すのが1番良いですね。

キレイモは生理中でもデリケートゾーン以外なら脱毛してもらえるので、急な生理の時もキャンセル不要で損が少なく済みます。ただ、生理でVIOを脱毛しなくても料金上は脱毛したものとして扱われるので、生理とぶつかるのはやはり避けたほうが良いでしょう。

銀座カラーの遅刻・キャンセルへの対応

  • 施術のキャンセルは前日19時まで!
  • 30分以上遅刻するとキャンセル扱いに
  • 脱毛し放題コースはキャンセル料2,000円
  • 生理中はデリケートゾーン以外であれば脱毛可能

銀座カラーは遅刻や当日キャンセルに対してやや厳しいサロンです。遅刻も数分までなら許されますが、30分を超えるとキャンセル扱いになり、キャンセル料の請求が発生します。ただ、生理中でもデリケートゾーン以外なら脱毛してもらえるのは嬉しいですね。

シースリーの遅刻・キャンセルへの対応

  • キャンセルは前日までの連絡でOK
  • 遅刻は原則キャンセルとして扱う
  • 当日キャンセルは違約金3,000円
  • 生理中の脱毛はしてもらえないので注意

シースリーは当日キャンセルした場合、3,000円のキャンセル料が発生します。けっこう高額なので、スケジュール管理をしっかりして遅刻・キャンセルはしないようにしたいですね。

遅刻すると即キャンセル扱いの厳しいサロンな上、シースリーでは生理中の脱毛は基本お断りです。シースリーは、キャンセルや遅刻に対してかなり厳しいお店だと思っておきましょう。

脱毛ラボの遅刻・キャンセルへの対応

  • 前日・当日キャンセルは違約金1,000円
  • 2日前までなら予約キャンセル可能
  • 10〜15分遅刻すると施術してもらえない事も
  • 生理中の脱毛はしてもらえないので注意

脱毛ラボは前日・当日キャンセルに違約金があったり、生理中の脱毛ができなかったり、遅刻やキャンセルに厳しいサロンです。脱毛ラボの月額制は通う頻度も多いのに、これだけキャンセルに厳しいとなると通いにくいお店と言わざるを得ません。

ミュゼの遅刻・キャンセルへの対応

  • 10分以上の遅刻で施術できない事も
  • キャンセルは前日まで!当日だと脱毛1回分を消化
  • 生理中はデリケートゾーン以外なら脱毛OK

脱毛サロンと言えば有名なのがミュゼですが、10分でキャンセル扱いという、遅刻には若干厳しめのお店です。そして、ミュゼの全身脱毛を当日キャンセルすると、その日脱毛する予定だった権利が消化されてしまうペナルティもあります。

しかし、実際にはミュゼの回数保証制度があるので、予約しなおせば払った料金分の脱毛を受ける事が可能です。少々わかりにくいシステムですが、ペナルティは実質無いと考えて良いでしょう。

結局通いやすいのはどのサロン?

急に仕事が入るお仕事や、子育て中で予定が決めにくい人、生理周期が不安定な人にとっては、遅刻やキャンセルへの対応は脱毛サロン選びで大事なポイントです。ここまで解説したサロンごとの情報を一覧にしてみましょう。

サロン名当日キャンセルへの対応遅刻への対応生理中の脱毛
キレイモ脱毛1回分消化時間内でできる限り脱毛VIO以外可能
銀座カラーキャンセル料2,000円30分以上はキャンセル扱いVIO以外可能
シースリーキャンセル料3,000円遅刻はキャンセル扱い不可
脱毛ラボキャンセル料1,000円10〜15分以上はキャンセル扱い不可
ミュゼ脱毛1回分消化10分以上はキャンセル扱いVIO以外可能

キレイモは遅刻・キャンセル・生理への対応が優しいのでオススメ!

キレイモは多少の遅刻があっても、時間がある限り脱毛してくれるサロンです。急な生理になってもVIO、つまりデリケートゾーン以外なら脱毛してもらえるのも良心的ですね。

他のサロンだと、ちょっとの遅刻でキャンセル扱いになったり、キャンセル料を請求される場合もあります。キレイモは遅刻しても時間内なら待ってくれますし、キャンセル料の請求が無いのも嬉しいですね。

遅刻・キャンセル・生理への対応に厳しい脱毛サロンとは?

逆に、遅刻や当日キャンセルに厳しいサロンといえば、まずシースリーです。脱毛し放題のコースを当日キャンセルすると3,000円もキャンセル料がかかるので、予定を立てたらそのように実行できる人でないと大変なサロンです。遅刻は即キャンセル扱いというのも厳しいですね。

あと、脱毛ラボも少しの遅刻でキャンセル扱いに、しかもキャンセル料が発生するのでオススメできません。シースリーも脱毛ラボも、生理中の脱毛が不可というのも不便ですね。どちらも予定が不安定な人は避けたほうがいいサロンと言えそうです。

結論!自分の事情に合わせて通いやすい脱毛サロンを選ぼう

不規則なお仕事をしていたり、子育て中だったり、生理不順でいつ生理が来るかわからないなど、全身脱毛の予定が立てにくい人は、キレイモなど遅刻・キャンセル・生理への対策が充実しているお店を選ぶと良いですね。

全身脱毛は1度で終わらないため、これから選ぶ脱毛サロンとは長いおつきあいになるはずです。ぜひ、自分のライフスタイルに合った通いやすいお店を選んで下さいね。

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
美肌ケアとスピード脱毛
銀座カラー

シースリー
何回でも通い放題
シースリー

ラットタット
駆け込み脱毛OK!
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめ脱毛サロン

全身脱毛が可能なおすすめ医療脱毛クリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ