永久脱毛の安全性と肌へのダメージ

永久脱毛の安全性と肌への負担の有無について

永久脱毛の安全性と肌へのダメージのイメージ
永久脱毛をする際に、特に気になるのが肌へのダメージではないでしょうか。ここでは、ニードル脱毛、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛の施術方法の肌ダメージの違いと、敏感肌やアトピー肌の方が永久脱毛の施術を受ける際の注意点について公開しています。

永久脱毛って本当に安全なの?肌へのダメージは心配しなくてもいい?

脱毛への注目が年々高まる中、心配なのが肌のトラブル。特に肌の弱い人やアトピー肌の人はもともと肌の悩みも多く、心配な気持ちになるのも当然のこと。

ここでは、様々な脱毛方法の中でも永久脱毛にフォーカスして、肌へのダメージや負担、肌が弱い人に選ばれる脱毛方法について解説していきます。

永久脱毛の施術方法によって異なる肌ダメージ

まずは、永久脱毛の施術方法による肌へのダメージについて見ていくことにしましょう。

永久脱毛2つの方法

  • ニードル脱毛
  • レーザー脱毛

永久脱毛には主に脱毛サロンで施術を行っているニードル脱毛と、美容外科などの医療機関で行うレーザー脱毛の2つの方法があります。

中でも、レーザー脱毛は脱毛サロンなどで行うフラッシュ脱毛よりも出力の高い脱毛機器を使うため、その分肌ダメージも大きくなります。

ニードル脱毛方式による肌ダメージ

ニードル脱毛は、専用の細い針を毛穴に挿入し微弱な電流を流す脱毛方法です。一本一本を確実に処理するため永久性が高いことが最大のメリットです。

電気針を用い通電するため、痛みが強いというイメージをお持ちになる方も多いかもしれません。実際の施術では一回の通電時間は0.2〜1秒程。施術箇所を冷やしながら施術するため、イメージほど痛みを感じなかったという方が多いです。

しかしフラッシュ脱毛やレーザー脱毛よりは痛みを感じやすい方が多いことも事実なため、部分使い(部位別)や光脱毛との併用をする方が多いです。

レーザー脱毛でも処理しきれなかった頑固なムダ毛も、ニードル脱毛なら一瞬です。色素沈着で黒ずみが目立ちレーザーを照射できない肌もOKです。

ただし、担当者によって痛みや仕上がりにも差が出やすい方法なのでご注意を。痛み以外には、針の使い回しによる感染症などの肌トラブルが考えられますので、カウンセリング時の確認が大切ですよ!

レーザー脱毛による肌ダメージ

レーザーを肌にあてるというと、皮膚ガンなど副作用が心配な方も多いかもしれません。しかし、その心配は不要です。

皮膚ガンの原因は紫外線、対するレーザー光は赤外線のため、レーザー光を照射することで皮膚ガンになることはあり得ないからです。

ただ、お肌のトラブルに関しては100%全く起こらないとは言い切れません

医療レーザー脱毛は、そもそも毛乳頭(毛根)のメラニン色素に熱を与えて毛母細胞や毛包を破壊する医療行為。だからこそダメージがゼロである事の方がないのです。

むしろ「施術当日はお肌に赤みが出たりヒリヒリとしたりする可能性がある」ときちんと伝えてくれないサロンやクリニックがあった場合は、契約を見送った方が良いかもしれません。

施術後の肌に火傷などの異変を感じた場合も、信頼できる機関であれば迅速な対応を行ってくれるはずです。特にクリニックは医療機関であるため、専門の皮膚科医がきちんと対応をしてくれます。

医師在籍による安心感を取るなら、クリニックによる医療レーザー脱毛に軍配が上がります。痛みの小ささでいうなら、エステサロンによるフラッシュ脱毛がオススメです。

肌が弱い人やアトピー肌の人は永久脱毛できないのか?

敏感肌やアトピー肌の方も、不安はあるけど脱毛をしたいと思う方が増えています。

肌の弱い人は脱毛が向いていないの?脱毛はできないの?と考えてしまいがちですが、大丈夫です。

まず、永久脱毛の施術を受ける前には、必ず毛質や肌質を見る為にカウンセリングを行います。カウンセリングでしっかりと肌質をチェックして、何かしらの肌トラブルが起きないかどうかをチェックしてから脱毛を行います。

ですので、もし永久脱毛は難しいと判断されたら施術は行わず、もちろん契約をすることもありません。

永久脱毛が可能と判断されれば、実際の施術に入っていくことになります。肌の弱い人の脱毛もしっかりと行えるよう、施術中や施術後のケアをきちんとしてくれるので、安心して永久脱毛を受けられます。

実際に、アトピー肌に悩まされている、もともと肌が弱くて荒れやすいという方でも永久脱毛をしている人はたくさんいます。いまの脱毛技術とアフターケアに関しては、以前と比べて安全性の面でも大きく向上したと言えます。

敏感肌やアトピー肌の方におすすめの永久脱毛方法と、その理由

肌が弱い方におすすめの永久脱毛方法は医療レーザー脱毛です。

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比較すると光の出力が強く不安も多いかもしれませんが、レーザー脱毛に挑戦する敏感肌の方は増加の傾向があります。

医療レーザー脱毛の最大の特徴は、クリニック=病院で施術すること。つまり、美容皮膚科などによる効果が保証されたレーザー治療行為なのです。

特にアトピー肌や敏感肌の場合は季節や気候により、その時の乾燥・肌荒れの状態やアトピーの状態が異なることも多いです。

クリニックや病院での脱毛であれば、専門医が皮膚の状態を観察した上で、状態によっては施術を次回に見合わせたり、施術が可能だと判断した場合も肌荒れがある場合はレーザーの出力を調整してくれます。

また、クリニックによってはステロイド剤を同時に処方してくれるクリニックもあります。

これらの細やかな対応は医療機関だからこそ出来ることといえるでしょう。心配な時は、医師によくよく相談をすることが最も大切なことです。


永久脱毛による肌へのダメージの盲点

お肌が荒れやすい方にとっては、脱毛による肌荒れの懸念は人一倍強いのが当然。

しかし、脱毛を行う事よりも、自分でカミソリや毛抜きなどを使って自宅でムダ毛の自己処理をずっと続けていくことによる肌ダメージの方が大きいということも一つの事実なのです。

これらの点から、肌への負担が心配な方はまず一度永久脱毛の申し込みを行い、無料のカウンセリングを受けてしっかりと説明を聞き、その後に施術を受けるかどうかを判断することをお勧めします

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
美肌ケアとスピード脱毛
銀座カラー

シースリー
何回でも通い放題
シースリー

ラットタット
駆け込み脱毛OK!
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめ脱毛サロン

全身脱毛が可能なおすすめ医療脱毛クリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ