永久脱毛は本当にむだ毛が生えてこなくなる?

永久脱毛は本当にむだ毛が生えてこなくなる?

永久脱毛は本当にむだ毛が生えてこなくなる?のイメージ
永久脱毛という言葉の意味を、あなたはきちんと理解していますか?永久脱毛=この先絶対に毛が生えてこない、ではありません!あなたにとって一番必要な脱毛方法は、本当に永久脱毛なのでしょうか?

永久脱毛って、本当に一度施術をしてしまえば文字通り永久にムダ毛が生えてこなくなるの?

永久脱毛とは、そもそもどんな意味だと思いますか??

単純に「永久脱毛」と聞くと、「一生・永遠」に生えてこない方法だと思いますよね。

しかし、実際の定義上は「永久脱毛=永遠に絶対生えない」とはなっていません。では、永久脱毛は実際どのくらいもつのでしょうか?。

今回はその「永久脱毛」という言葉の定義について掘り下げてみたいと思います。

永久脱毛の定義は実に曖昧

それでは、永久脱毛とは実際にはどんな意味で使われているのでしょう?

米国電気脱毛協会によると、

「脱毛終了後、1ヵ月経った時点で毛の再生率が20%以下である」
となっています。

そもそも「米国電気脱毛協会が何なのか」という疑問があるかと思いますが、日本スキン・エステティック協会によると

米国電気脱毛協会とは、

『顧客に良質な永久脱毛サービスを提供することを目的に、1958年に設立されたアメリカ最大の電気脱毛士団体で、世界各国の脱毛士が加盟している。CPE認定制度を確立して、医師や弁護士など専門家と脱毛士のリレーションシップを構築した。これを普及させるために積極的な活動を行っています。』
となっており、早い話が「世界で一番永久脱毛に関する研究を進めている機関」と思っていただければわかりやすいと思います。

その米国電気脱毛協会の説明からも、「永久脱毛の定義」が「完璧にムダ毛を未来永劫ゼロにする」とは違うものであることがわかりますよね。

レーザー脱毛やニードル脱毛など、「脱毛」そのものの歴史がまだ浅いため永久性を確立させるには材料不足といったところでしょうか。

ただ、50年・100年先のデータがまだ無いとはいえ、実際のところ脱毛をされた多くの方が自身のムダ毛がなくなったことを証言されていますので、その威力はある程度周知のものであることも事実です。

実際のところ、永久脱毛という表現が許されていない脱毛サロンでの施術でも、永久脱毛とさほど遜色なく脱毛ができると言う方も多数います。

レーザー脱毛=永久脱毛、フラッシュ脱毛≠永久脱毛・・・なぜ??

それでは、永久脱毛と呼ばれている「レーザー脱毛」と、永久脱毛と呼ばれない「フラッシュ脱毛」は一体何が違うのでしょうか?

根本的な仕組みは、実は全く変わりません。違うのは照射時の出力です。

つまり、レーザー脱毛は出力が強い分安全性が下がるため、医師が在住し万全のフォローを行う。出力が強いからこそ施術も短期間で済む。

対するフラッシュ脱毛は、安全性が認められた範囲内の出力のため医師はいらない。出力が低いため施術期間は長期。

上記のようになっており、

  • レーザー脱毛=永久脱毛
  • フラッシュ脱毛≠永久脱毛

このように線引きがされているのですね。

ちなみに、光脱毛方式を用いた家庭用脱毛器は、サロンのフラッシュ脱毛の照射出力をさらに弱めたものとなっています。

永久脱毛は絶対に医師の同席が必要なのか?

答えは「NO」です。

あくまで、医師が必要なのはレーザー脱毛のみです。そして永久脱毛には、レーザー脱毛のみではなく「ニードル脱毛」という脱毛方法が存在します。

ニードル脱毛は、医師の同席が不要かつサロンでの施術が可能な永久脱毛です。また、クリニックで行う永久脱毛と比べると価格も良心的であることが多いです。

そんな、いいとこ取りなニードル脱毛ですが、もちろんメリット・デメリット両者が存在します。

メリット

  • 毛周期に関係なく施術が可能
  • 産毛や白髪も施術が可能
  • 日焼けをしたお肌でも施術が可能

デメリット

  • 痛みが強め
  • 毛を伸ばしておく必要がある(一本ずつ処理をするため)

このような一長一短があるのですね。

本当にムダ毛はなくなるの?無くならないの?どっちなの!?

病院やクリニック、脱毛サロンで永久脱毛を受けると、その後自己処理はほとんどいらなくなります。

ただし、これは「完了まで通いきった場合」に限ってのことです。

永久脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛を例に挙げて説明していきます。

医療レーザー脱毛は、肌にレーザー光を当てて毛根をにダメージを与えることで、ムダ毛が生えてこないようにする仕組みです。人間の体毛(ムダ毛)は休止期⇒成長期⇒退行期⇒休止期…という成長サイクルを繰り返し、生え変わっていきます。このサイクルを「毛周期」と呼びます。

医療レーザー脱毛の光は毛周期の「成長期」にあたる毛に効果があり、他の時期にあたる毛には効果がありません。そのため、すべての毛の成長期に照射する必要があり、毛周期が一巡するのに大体2〜3年かかります。

永久脱毛は毛周期に合わせて施術をしていくので、すべての毛根から毛が生えないようにするには、年単位で時間がかかるのです。

脱毛効果を実感するまでにかかる期間(回数)

具体的にどのくらい時間がかかるのか見ていきましょう。

下の表は、ムダ毛が「目立たなくなった」と思えるまでにかかる施術回数の目安です。

施術方法 医療レーザー脱毛 光脱毛 電気脱毛
回数 5〜6回 6回程度 毛量による
期間 1年〜1.5年 1年〜1.5年 毛量による

医療レーザー脱毛や一般的な脱毛サロンの光脱毛では、脱毛施術後1〜2週間程度で「生えている毛が抜け落ちる」という現象が起こります。この時、毛が抜け落ちた毛根からはもうムダ毛が生えてこないと考えられています。そして、次の毛周期の毛が生えてくるまでは、ムダ毛のないツルツル肌でいられます。

また、体表に出ている毛は全体の1/3程度であると言われています。そして、生えていると確認できるのは成長期と退行期の2種類の毛。つまり、すべてのムダ毛を永久脱毛するには、2〜3ヶ月おきに最短でも6回程度施術する必要があるのです。

次に、自己処理がいらなくなるくらいまでツルツルにしたい場合に必要な回数を確認していきましょう。

永久脱毛で自己処理がいらなくなるまでの期間(回数)

ムダ毛が気にならなくなるまでにかかる施術回数の目安です。
パーツによって毛周期が異なりますし、毛周期には個人差もありますので、おおよその回数になります。

施術方法 医療レーザー脱毛 光脱毛 電気脱毛
回数 10回前後 12〜18回 毛量による
期間 2年程度 2〜3年 毛量による

一般的に「脱毛完了」と呼べるのは上記のような回数を経た肌のことでしょう。ムダ毛のことを完全に忘れて生活できるレベルになります。

せっかく脱毛するなら、最終的にはこの位までいきたいですよね。

クリニックで永久脱毛を完了させた人のその後

と、ここまで永久脱毛の仕組みについて説明をしてきましたが、肝心の効果のほどがわからなければやっぱり実感が湧きにくいもの。

そこで、実際に脱毛クリニックで永久脱毛を行った人たちの、その後のムダ毛事情についてリサーチしてみたので、確認していきましょう。

10年経つけど、今のところ生えてないケース

10年前に脇・VIOを脱毛済みのA子さん。5〜6回ほど通って脱毛した箇所は、きれいにムダ毛がなくなって大満足だそう。

こんなにツルツルになるのなら「脇・VIOだけじゃなく全身脱毛しとけばよかった」と後悔を感じている面も。

3年経ってチョロッと生えてきたケース

痛い医療脱毛を我慢して完了までこぎ着けたB子さん。でも、 妊娠を機に少し生えてくるようになったと言います。

妊娠・出産は女性ホルモンのバランスが著しく変化する時期なので、高効果の医療脱毛といえど、人によってはムダ毛が再毛するケースもあるようです。

でも、彼女の場合は出産したら、また生えてこなくなったようで一時的なものだったみたい。

一部分が生えてきてサロンに通いだしたケース

C子さんは、5年前クリニックで脇・うで・スネ・VIOを終了済み。脇・ VIOは毛が太くて痛かった分、今でもほぼ生えていないけれど、毛の薄いうで・スネは少しムダ毛が生えてきたそう。

「サロンにも通ってみたいから」と今はサロンで脱毛中。時間はかかるけれど、施術の痛みが少なく、脱毛後は美肌ケアもたっぷりしてくれるから、心にゆとりをもって脱毛できていますと彼女。

脱毛効果の永久性が高い脱毛クリニックでの永久脱毛ですが、体質の変化によっては再びムダ毛が生えてくるケースもあるようです。続いて脱毛サロンに通っていた人たちの意見も聞いてみましょう。

脱毛サロンで永久脱毛を完了させた人のその後

脱毛サロンの脱毛効果は本当に大したことないのか?経験者の感想をもとに確認していきましょう。

< h4>途中リタイヤしてまばらに生えてくるケース

1年半ほど脱毛サロンに通ったけど、転勤を機に脱毛するのをやめてしまったD子さん。まだまだ脱毛完了まで届かず、まばらにムダ毛が生えている状態だそう。

だけど、 前ほどの量もなく毛も柔らかくなって目立たないので「これでもいいか」と割り切って生活しています。

5年前に完了して1〜2本生えてくるケース

脱毛サロンに10回以上通ったE子さんは、今ではほぼ無毛のツルツル状態。でも、たまに1〜2本しぶとくムダ毛が生えてくるそうです。

けれど産毛程度の弱々しい毛なので、毛抜きで定期的に抜くだけの処理で済んでいるとか。

2年経ってもほんの一部だけ生え続けるケース

ムダ毛はほとんど生えてこないのに、一部分だけムダ毛が目立つ部分があるというのがF子さんの悩み。

限られた範囲なので、脱毛したサロンに問い合わせてみると撃ち漏れと認められ、無料で再照射してもらっているそう。

このように経験者の声に耳を傾けてみると、脱毛サロンでも回数を重ねて脱毛することで、ムダ毛のない肌を手に入れることも可能なようです。

「脱毛効果がない」と自己判断して途中でやめてまっては、ムダ毛が生えてくるのも仕方のないこと。

時間がかかることがネックの脱毛サロンですが、痛みが少ない点・充実したアフターケア・コスパの3つの面を考慮すると、クリニックよりも続けやすいのではないでしょうか?

どの脱毛方法を選ぶかは自分次第!

それでは、結局のところどの脱毛方法をセレクトするべきなのか。その点においては、自分自身の好みや優先順位によってベストアンサーは大きく変わるものと言えます。

あなたが一番優先させたいことはなんですか?

料金、通いやすさ、脱毛効果、期間、とにかく痛くない方がいい、、、などなど。その上で、一番自分自身にあったものを選ぶことが大切と言えます。

例えば、異なった二種類の脱毛方法を部位によって使い分けるという選択もあります。「痛いのは嫌だけど、脇だけは絶対に生えないようにしたい」などのこだわりがあるなら、脇はレーザー脱毛やニードル脱毛を行いその他はフラッシュ脱毛にする、というようなやり方です。

美容業界関係者など、通な方はこの方法を選ばれている傾向があるとも。

自分自身が納得出来る仕上がりになる可能性が高く、費用的にもクリニックの永久全身脱毛にするよりもお得です。ただ、実際に通うとなるとサロンとクリニックを両方定期的に通うことは、少し大変かもしれませんね。

そんな方には、ニードル脱毛とフラッシュ脱毛を両方行っているTBCのようなサロンが合理的と言えます。 TBCは大手エステサロンなため、クリニックと比べて店舗数も多いので利便性も高いです。

「永久脱毛」に対する私たちの認識と傾向から最善を探ろう

あなた自身は、脱毛を行うあたって何を一番望まれますか?

一番優先させたいものやこだわりたいものを基準に選ぶと、脱毛方法も明確になるかもしれません。

例えば・・・

  • 小さな痛みと良心的な価格で気軽に脱毛をしてみたい方はフラッシュ脱毛
  • 徹底的に短期間でムダ毛とケリをつけたい方はレーザー脱毛
  • 痛くてもいい、クリニックよりお手ごろ価格で永久脱毛を行いたい、という方はニードル脱毛
  • 「顔は慎重にやりたい」など、部位ごとのこだわりがある方は併用式

このようにざっくり分けてしまうと、わかりやすいかもしれません。

まずは、この中でご自身の考えに一番近いものを検討されてみてはいかがでしょうか? 全身脱毛をサロンで行い満足できなかったところを後日永久脱毛する、という方法も良いと言えるでしょう。

さらに、永久脱毛であろうとなかろうと、アフターケアが整っているクリニックやサロンを選ぶことも忘れてはなりません。良心的なサロンやクリニックを選択することで避けられるトラブルや不安は、実はとてもたくさんあります。

永久脱毛は、100%確実に一生ムダ毛が生えなくなるわけではありません。しかし、永久脱毛を行い綺麗なツルツルのお肌になっている方はすでにたくさんいます。

米国ではムダ毛の処理は女性としての基本中の基本となっています。ムダ毛がないお肌はとても女性らしくて、清潔感にあふれていますよね。

ぜひ次は、あなた自身が自分に合った脱毛方法をセレクトしてツルツルお肌を手に入れてくださいね。

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
美肌ケアとスピード脱毛
銀座カラー

シースリー
何回でも通い放題
シースリー

ラットタット
駆け込み脱毛OK!
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめ脱毛サロン

全身脱毛が可能なおすすめ医療脱毛クリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ