日本とこんなに違う!海外の脱毛事情まとめ

海外の脱毛事情は日本とこんなに違った!国別の習慣まとめ

日本とこんなに違う!海外の脱毛事情まとめのイメージ
日本では脱毛サロンに通っている人は珍しくないけど、海外の脱毛事情ってどうなっているの?もし海外旅行や留学の最中に外国人の彼氏が出来たら...やっぱり海外の基準ではVIO脱毛が常識なの?今回はそんな海外の脱毛事情についてご紹介します。

海外の脱毛事情ってどうなってるの?日本との違いを徹底調査

海外旅行に行ったり外国人との恋愛だったり、世界と触れ合う機会はどんどん増えていますよね。

そこで問題になるのがムダ毛・脱毛の問題です。体毛に対する意識や常識が国ごとで違うので、注意が必要なんです。

よく知らないと思わぬ恥をかいたり、気になっていた外国人の彼から「ムダ毛処理もしてない女の子はイヤだよ!!」と断られてしまうかも。

さらに文化や衛生、宗教上の理由でムダ毛処理が良いとされる地域もあります。では、気になる外国の脱毛事情について勉強してみましょう!

海外旅行前に脱毛しておいたほうがいい理由

「さあ、学生最後の長い休みだもの。海外旅行に行くぞ!」「語学を学びに留学するぞ!」など、海外への長旅を予定しているひとは、その準備として脱毛しておくことがオススメです。

なぜなら欧米などでは脱毛への意識が高いですし、暑い地域へ行くのなら衛生面でも脱毛は大切な事なんです。特に怖いのが、ケジラミなどの寄生虫です。

ケジラミから体を守るためVIO脱毛がオススメ

日本でも感染例が多い性病の一種がケジラミ症です。シラミという虫の一種で、陰部の毛に好んで住み着き、毛にしがみつきながら血を吸って生きる寄生虫です。血を吸われた場所は激しいかゆみに襲われます。

放っておくとデリケートゾーンで卵を産み増え、ますます痒くなっていきます。駆除するためには専用の薬や洗剤を使う必要があります。

性行為やタオル・布団の共有で感染してしまうので、お風呂やホテルなどの衛生状態が良くない海外へ行く場合は要注意です。日本では戦後衛生状態が良くなり減りましたが、海外ではまだまだシラミの脅威が続いている国も多いんです。

ケジラミは毛にしがみついてじっとしている性質があり、あまり動き回る能力はありません。そこでデリケートゾーンの毛、VIOを脱毛するとつかまる場所がなく、感染を防ぐことができるんですね。

ケジラミはデリケートゾーンのほかにワキ毛などにもくっつく場合があるため、全身脱毛がオススメですね。欧米ではブラジリアンワックスでVIOを全て脱毛する文化が一般化したおかげでケジラミの数は激減し、衛生状態が改善したと言われているんです。

ハイジニーナ脱毛は欧米ではエチケット

ハイジニーナ脱毛という言葉が最近日本にも入ってきましたが、ハイジニーナとは「衛生的な」という意味です。VIO脱毛、つまりアンダーヘアの脱毛のことを指し、欧米では意味通り衛生のために大切とされています、

見た目の好みもありますが、ケジラミなど性病を恋人に移すのおそれが無いように欧米ではすべてデリケートゾーンの毛を処理するか、清潔に短く整えるのが恋愛のエチケットというのが一般的なんです。

デリケートゾーンの体毛を生やしっぱなしに、タワシのようになっていると「不衛生だよ!君は僕に病気を移すつもりなのかい!」と欧米人の彼には思われてしまうかも知れません。

ビキニなどの水着を着た時もVIOを処理していないと「なんだかモコモコしててかっこ悪いよ?」と言われる事もあるようです。

デリケートゾーンをツルツルに脱毛することに抵抗があれば、サイドなどを脱毛して形を整える、長さをハサミで切って整えるなどの配慮が最低限必要になってきますね。

欧米の国に旅行したり、欧米出身の相手と恋愛する時はアンダーヘアの脱毛は特に気を配りましょう。

脱毛は日本で済ませておくべし!海外で脱毛する危険

「そっかー、アンダーヘアの脱毛は大事なんだね!でも海外に行ってから脱毛しても間に合うよね?」そう思われるかも知れませんが、実はけっこうその考えは危険だったりするんです。

特に知られていないのが、日本で一般的に行われているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛はあまり世界で普及していなかったり、海外で受けると危険ということです。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はメラニン色素、つまり肌の茶色・毛の黒い色に反応する光を毛に当て、毛を伝った熱で毛根を焼き切り脱毛する方法です。

金髪のひとなどは特にメラニン色素が薄いため、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は有色人種よりも強い威力で行う必要があり、白人向けのレーザー脱毛器を使うのは日本人にとって火傷の原因になるんです。

肌が褐色や黒のひとの場合も同じで、彼らは日本人よりもっとメラニン色素が豊富なので同じ機械は使えない場合が多いんです。

実は黒い肌でも脱毛できるよう開発されたYAGレーザー、金髪や茶色い体毛のひと向けのルビーレーザーという技術がそれぞれありますが、アジア系の人種にとってはYAGレーザーは脱毛効果が実感しにくく、ルビーレーザーは火傷してしまう危険が高くオススメできません。

多様な人種が暮らす都市だと、人種別のレーザー脱毛器を用意しなくてはいけない事になりますね。そういう事情もあり、経費がかかりすぎて海外でレーザー脱毛はあまり普及していませんし、日本人の肌と相性のいい脱毛器なのか確認しなくてはいけません。

日本国内なら日本人の肌に合った脱毛器で脱毛が受けられますので、効果的で安全です。渡航前に脱毛したほうが良い大きな理由ですね。

肌の色関係なく脱毛できる方法として人気なのはワックス脱毛とニードル脱毛で、ワックス脱毛は世界中、ニードル脱毛は特にアメリカで人気です。

しかし、ワックス脱毛はワックスを塗り、固まったら剥がすという痛みの強い脱毛方法です。ニードル脱毛も電気針を毛穴に刺し、電気を流して脱毛する痛くて危険が伴う脱毛方法でやはりオススメしづらい面があります。

しかも海外でのワックス脱毛は、一度使ったワックスを溶かして毛や不純物を濾しとって再利用する業者もいますので、衛生面でも要注意です。

自分の体を守る上でも、海外に行く前に日本国内で脱毛しておくことがオススメなんですね。

海外へ行く前に脱毛するなら → お得に通えるおすすめの脱毛サロン最新ランキング

お国別!脱毛事情はどうなってる?

さて、それでは今現在それぞれの国の脱毛事情はどうなっているのか?一部の地域ですがまとめてみました。

アメリカはVIO脱毛がエチケット

アメリカ人はVIOやワキの脱毛に熱心で、ニードル脱毛やワックス脱毛が主流です。特にニードル脱毛は日本よりもずっと安い価格で利用できるようです。デリケートゾーンをツルツルにするのがエチケットとされています。

南米のブラジル・コロンビア・チリなどはワックス脱毛が盛ん

南米はブラジルのサンバダンサーのように、ムダ毛処理の意識が高い地域です。ブラジリアンワックスと言われるとおり、ワックス脱毛が盛んな地域でもあります。

VIOを全てきれいに処理することでTバックなど、セクシーな服を着こなすのに熱心な地域です。

西ヨーロッパはVIO脱毛必須の地域

ヨーロッパはVIO脱毛へのこだわりが徹底しており、やはりデリケートゾーンをしっかりお手入れする文化です。ただ、ワキや手足などはあまり頓着がなく、ブロンド美女がワキ毛生やしっぱなし!なんていうのも見かける光景なのだとか。

中でもイギリスはVIO処理の意識が高く、オシャレに形を整える場合もあるのだそう。フランスやドイツは全て処理する場合が多いようです。イタリアはVIOのほかひざ下の脱毛もする場合が多いとされています。

ロシアはムダ毛処理ブーム!

西ヨーロッパに比べ、東のロシアはVIOはもとより全身をカミソリやブラジリアンワックスで脱毛するそうです。

脱毛の歴史は比較的新しい国で、ソ連からロシアに変わった頃に脱毛の文化が誕生しました。さらにブームは続いており、今の若者は脱毛に熱心なようです。

オーストラリアは脱毛もおおらかで自由

オーストラリアの脱毛スタイルは多様で、ビキニラインだけ整えるひと、VIOをツルツルに処理するひと、アンダーヘアを整えるのはエチケットでもやり方はそれぞれのようです。

ほかの体毛も「腕はそのままにしよう、足は処理するかな?」のように、個人の考えで比較的自由にお手入れしている印象の国です。

白人系のひとはVIOをツルツルに処理するひとが多く、アジア系のひとは残すなど傾向はあるようですが、基本は自分の好みや恋愛関係になった相手に合わせたりするようです。

中国はムダ毛に寛容な国

中国はムダ毛処理、という文化があまり無い国です。産毛やムダ毛は肌を保護するためのものなので脱毛しないほうが肌にいい、という考えすらあるようです。

韓国と日本は脱毛の意識が近い

韓国はワキや足など見える部分はきっちりムダ毛処理をしますが、比較的VIOには頓着がないようです。日本と脱毛の意識は近いと言えますね。

インドは気温も脱毛への情熱も熱い!

あやとりのように糸をあやつり、糸の間にムダ毛を挟んで脱毛する糸脱毛の歴史があるインドは、今も昔も脱毛への意識が高い国です。男女ともに全身ツルツルにするのが良い、という美意識があります。

台湾は糸脱毛でお肌ツルツル美顔文化

台湾にも糸で挟んで毛を抜く糸脱毛の文化があり、顔のうぶ毛をきれいにするフェイシャルエステ的な脱毛が伝統的に行われています。

大昔は中国でも糸脱毛が行われていたようですが、歴史の中で衰退してしまい、台湾でその伝統が今でも花開いているようです。

台湾人は体毛が薄めのひとが多く、顔以外はあまり脱毛する文化は無いのだそう。それでもレーザー脱毛や脱毛サロンが近年になって流行の兆しのようです。

タイは観光客向けの脱毛文化が花盛り

タイはもともとあまり脱毛の文化がない地域と言われています。しかし、海外からの観光客のための脱毛サロンや医療レーザー脱毛ができるクリニックがたくさん開院している独特の脱毛文化があります。

日本の脱毛サロンも出店しているので、旅行がてら安心して脱毛ができる珍しい国ですね。

フィリピンでは腕やスネの毛がラッキーアイテム?

フィリピンの女性はVIOは処理する傾向にありますが、手足や顔の毛は処理しないことが多いようです。何でも、すね毛はお金や運を蓄えてくれるから剃らないほうがラッキー!というジンクスがあるのだとか。

インドネシアではきらめく体毛が美人の証

インドネシアでは「体毛がある女性は美しい!セクシー!」という文化があるため、むしろ毛深い女性がモテる傾向にあるようです。薬を塗ってでも毛深くなりたい女の子もいるのだとか。

イスラム教徒は清潔を重んじて脱毛する

イスラム教の聖典、コーランでは清潔を大切にしており、ワキやデリケートゾーンの体毛を処理するよう教えているそうです。なので、男女とも脱毛にはとても熱心なのだとか。

まとめ:行き先やパートナーの国の文化をよく知ろう

ここに載せた国や事情はごく一部、同じ国でも経済状態や信仰、地域などでムダ毛に対する意識も変わってきます。

あくまでここに載っていることを参考に、一番は現地のひとに「みんなどうしてるの?」と聞いてみるといいでしょう。

とりあえず、日本人はあまりにVIOの脱毛に頓着がない国民性、という事だけは注意して覚えておいたほうが良さそうです。国内の脱毛サロンやレーザー脱毛を受けてから海外へ行くと安心ですね。

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
美肌ケアとスピード脱毛
銀座カラー

シースリー
何回でも通い放題
シースリー

ラットタット
駆け込み脱毛OK!
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめサロン

全身脱毛が可能なおすすめクリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ