脱毛サロンごとに導入している脱毛マシンの違い

脱毛サロンごとに導入している脱毛マシンは違うの?サロンごとの機種の特徴まとめ

6586 views
脱毛サロンごとに導入している脱毛マシンの違いのイメージ
脱毛サロンで使っている脱毛機が、実はそれぞれのお店で違うのはご存知ですか?全身脱毛にピッタリな、よく抜けるて痛くない、早く施術が終わる脱毛機がある脱毛サロンはどこなのか、徹底調査してまとめました!

脱毛サロンで使っている脱毛機は機種によって性能に違いはある?脱毛効果や痛み、施術時間を徹底比較

脱毛サロンで施術に使われる脱毛機ですが、実はサロンごとに、全く違う機種を使っています。脱毛サロンによって、ムダ毛が抜ける効果・全身脱毛のスピード・脱毛の痛み具合が違うのは、この機種の違いが影響しているんですね。

それぞれのサロンでどんな脱毛機を導入しているのか?その性能をチェックしてみましょう。

まずは基本から!脱毛サロンの脱毛機ってどんな機械?

脱毛サロンの脱毛機は、スタッフが手に持って扱う、ヘッドという部品から、毛の黒い色に反応する光を発して、毛根を焼き切って脱毛する機械です。光のエネルギー、つまり毛根を焼き切る力が強いと、脱毛の効果が高くなりますが、肌に熱がこもって、痛みを生み出す事もあるんですね。

なので、その痛みを抑えられるか、それでいてムダ毛はしっかり処理できるか、もっと言えば早く脱毛ができるか、この3点が良い脱毛機のポイントになるんです。

2015年頃から各サロンに随時導入!最新の連射式脱毛機が早くて痛くない理由

「ワキやデリケートゾーンの脱毛なんか、痛くて泣いちゃうよ?しかも全身脱毛するとなると、もう半日仕事だわ!」という声は、サロンでの脱毛経験者から、よく聞かれる言葉ですよね。

でも実はこれ、もう古い時代の口コミなんです。脱毛サロン業界では、2015年頃から一斉に新しい脱毛機の導入が進みました。昔の痛くて、時間がかかった脱毛機に代わって、今は早くて痛くない、連射式脱毛機が一斉デビューしたんですね。

最新型の連射式脱毛機は、ヘッドから出る光が点滅する仕組みのため、肌に脱毛時の熱がこもらずに、痛みがほぼありません。さらに、熱がこもる心配がないため、点滅させたまま、肌の上をスピーディにスライドさせる事で、全身を素早く脱毛できちゃうんです。

古いタイプの脱毛機だと、全身脱毛1回に2〜4時間かかっていましたが、連射式脱毛機ならなんと、45〜90分程度で全身が終わってしまいます。実は今、脱毛機に革命的な進歩が起きているんですね。

早くて痛くない!連射式脱毛機を導入しているサロンはどこ?

連射式脱毛機を近年導入したサロンを、チェックしてみましょう。同じ連射式脱毛機でも、それぞれのサロンで性能に違いがあるんですよ。

銀座カラー

銀座カラーでは、2015年11月から導入された、連射式脱毛機を使用しています。銀座カラーオリジナルの脱毛機で、全身脱毛1回が約60分の短時間で終わるメリットがあります。さらに、産毛のような細い毛でもよく抜けるという、口コミでも高評価な機種として有名なんです。

連射式脱毛機は、以前のものと比べると、脱毛力が落ちるデメリットがありますが、銀座カラーの脱毛機は、脱毛力の高さを維持したまま、スピードアップを実現しているので、かなりオススメな機種です。

シースリー

シースリーでは、日本人の肌や毛の色に合わせて開発された、連射式脱毛機C3GTRが導入されています。全身脱毛まるごと1回が45分で終わる超高速脱毛機で、現在業界最速と言われている機種なんですね。

シースリーの生涯脱毛し放題プランで契約している人は、かなりの回数脱毛に通う事になります。1回45分で済むのは、脱毛に通う負担を、グンと減らしてくれそうです。

ミュゼ

ミュゼも2015年秋から、ミュゼ・エクスプレスという連射式脱毛機を導入しました。今までよりも、脱毛のスピードが5倍アップして、全身脱毛1回にかかる時間が、90分まで短縮されたのだそう。

ただ、口コミでは脱毛の威力が落ちたのでは?という声が多い、ちょっと悩ましい機種です。注意したいですね。

脱毛ラボ

かなり早い段階で、連射式脱毛機のラボ・マシンガンを導入していたのが脱毛ラボです。イタリアDEKA社製で、クリプトンライトという特殊な光源を持つ個性的な脱毛機を使っています。

脱毛する時に塗るビーンズジェルに入っている、フィリニーブという成分が、クリプトンライトと反応して、ムダ毛が育つのを抑えてくれる効果がある、優れものなんですね。

全身脱毛まるごと1回で60分という速さも魅力ですね。ただ、月額コースだと、1回の来店で、全身の24分の1しか脱毛できませんので、かなり時間がかかってしまいます。

60分で脱毛できるのは、1度の来店で全身をまるごと脱毛できる、パックプランのみなので、契約する時は注意しましょう。

ラ・ヴォーグ

ラ・ヴォーグでは、国産の連射式脱毛機・LVSを導入しています。脱毛のスピードは速く、ワキなら3分で終わる手早さが魅力なんですね。ただ、このLVSの脱毛力は若干弱い?との声も聞かれます。剛毛で悩む人はほかのサロンのほうが良いかも知れませんね。

連射式脱毛機のデメリット!脱毛効果がちょっと不安な脱毛機も

それぞれのサロンと脱毛機を紹介する中で触れましたが、実は連射式の脱毛機は、今までの脱毛機と比べて、若干ですが、脱毛効果が弱いというデメリットがあるんです。

今までの脱毛機は、光を照射したらヘッドをずらし、また光を照射する、という作業を繰り返して脱毛していました。そのため、点滅している連射式のヘッドよりも、しっかり強いエネルギーが毛根に伝わります。時間がかかる分、今までの脱毛機は連射式よりも、高い脱毛効果が発揮できていたんですね。

脱毛1回の速さよりも、とにかくムダ毛がしっかり抜けるほうがいい!という人は、今までどおりの、基本的な脱毛機を使っているお店を選ぶ必要があるんです。

時間はかかるけど効果は高い!連射式以外の脱毛機を使っているサロンは?

連射式を使わず、今までどおりの脱毛機を使い続けている脱毛サロンも、もちろんあります。より高い脱毛効果を求めるなら、連射式でないサロンを選ぶほうがいいんですね。

キレイモ

キレイモの脱毛機は国産の最新型です。他のサロンが連射式に切り替える中、あえて以前からある方式の脱毛機を使っているという事ですね。1箇所ずつ、しっかり脱毛の光を当てていくので、脱毛の効果が連射式のサロンより高いのが特徴です。

威力は高くてもヘッドに冷却装置がついているため、痛みの原因になる熱もシャットアウトしてくれます。そのおかげで、口コミでも痛くなかったという声が多いんですね。

さらに、キレイモの脱毛機はヘッドの光を発する部分を大きく設計する事で、一度に広い面積を脱毛できるように作られています。つまり、今までのタイプの脱毛機にありがちな、痛い、時間がかかるというデメリットをキレイモはマシンの改良で乗り切ったんですね。

ちなみに、キレイモの全身脱毛にかかる時間は2時間程度です。連射式のサロンと比べてもかかりすぎるほどの時間ではありませんよね。

威力・痛みの無さ・速さを総合的に見るなら、キレイモが最も良い脱毛機を使っていると言えるんです。

脱毛機を編集部が評価!オススメの脱毛機があるサロンとは?

サロン名評価脱毛効果痛みの無さ全身脱毛にかかる時間
キレイモ120分
銀座カラー60分
シースリー45分
ミュゼ90分
脱毛ラボ60分
ラ・ヴォーグ120分

ここまで各サロンの脱毛機について調査結果を見てみましたが、結局どのサロンの脱毛機が一番良いのかな?と気になりますよね?

脱毛はまず、ムダ毛が抜けなければ意味がありません。脱毛力を考えれば、ダントツで一番はキレイモでしょう。

キレイモは、時間がかかる、痛いなど、今までの脱毛機にありがちだった問題点も、ヘッドの改良で全てカバーしています。キレイモの脱毛機はとっても優秀なので、一番のオススメですね。

次にオススメなのが、銀座カラーです。連射式脱毛機のスピードと、今までの脱毛力両方を実現した、オリジナル脱毛機はかなり優秀です。全身脱毛卒業までには、15〜18回の脱毛が必要ですが、1回が60分なら、通う負担も小さく済みますよね。速さも求めるなら、銀座カラーも良いでしょう。

優れた連射式の脱毛機があるサロンなら、シースリーを選んでもいいですね。通い放題プランを通い倒すのに、45分の短い脱毛時間は、かなり嬉しいはずです。

それ以外のサロンも、決して悪くはないのですが、連射式に切り替えた事で脱毛力が落ちてしまったり、通う回数が多すぎる事で脱毛機のスピードが生かせなかったり、オススメできない理由がそれぞれにあります。

このように、サロンによって、脱毛機の性能に差があるんですね。脱毛機の性能が良いサロンを選べば、まず脱毛サロン選びに失敗は無いと言い切れるでしょう。満足できる全身脱毛を受けたいなら、キレイモか銀座カラーがオススメですよ。

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
美肌ケアとスピード脱毛
銀座カラー

シースリー
何回でも通い放題
シースリー

ラットタット
駆け込み脱毛OK!
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめ脱毛サロン

全身脱毛が可能なおすすめ医療脱毛クリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ