全身脱毛するならどっち?家庭用脱毛器VS脱毛サロン

全身脱毛するならどっち?家庭用脱毛器と脱毛サロンのコスパと脱毛効果を徹底比較

全身脱毛するならどっち?家庭用脱毛器VS脱毛サロンのイメージ
全身のむだ毛をしっかり脱毛するなら、自宅で家庭用脱毛器を使うのと脱毛サロンどちらにするべき?いまは比較的安価な家庭用脱毛器が出回る様になり、自宅で全身脱毛をしようと考えている人も多いと思いますが、あまり推奨しません。その理由とは?

家庭用脱毛器の実力は?タイプ別の特徴と目的別の選び方

脱毛サロンって予約が面倒、忙しくて通えない、デリケートゾーン見られるの恥ずかしい!

そんな理由で、自宅脱毛がしたい人に売れているのが、家庭用のセルフ脱毛器なんですね。

しかし、家庭用脱毛器はいろんな種類があって選ぶのが難しく、セルフ脱毛なだけにテクニックも少し必要になります。

そこで家庭用脱毛器のメリットデメリット、選び方や脱毛のコツ、全身脱毛はできるのかなど、気になる情報をまとめました。

家庭用脱毛器にはいくつかの種類がある

実はとても重要なポイントなのですが、家庭用脱毛器と言ってもいろんな種類があるんです。

メカニズムも効果もそれぞれ違うので、選び間違うと脱毛効果をほとんど実感出来なかったり、肌荒れの原因にもなってしまうんです。

そこで、まず家庭用脱毛器の種類と特徴をチェックしてみましょう。

家庭用脱毛器の種類と脱毛方式別の特徴

脱毛効果があるのはレーザー式かフラッシュ式の家庭用脱毛器

まとめると、効果があるのはレーザー式かフラッシュ式で、後はカミソリとあまり変わらない除毛器なんです。

もし家庭用脱毛器を選ぶなら、フラッシュ式かレーザー式をおすすめします。

定番の家庭用脱毛器の脱毛方式をチェック

でも「よく名前を聞くあの脱毛器ってどんな脱毛方式なの?」と疑問に思う人もいますよね。

そこで、それぞれの商品を詳しくチェックしてみました。気になる家庭用脱毛器の特徴がひと目でわかりますよ。

脱毛器の種類商品名
フラッシュ式
光脱毛式
・エムロックグループ ケノン
・LAVIE(ラヴィ)
・リンクス Need
・LAVIE
・センスエピX・センスエピJ
・ブリリアントエピダイアモンド
・ブラウン シルクエキスパート
・ヤーマン レイボーテプロ
・LULUCAR 光脱毛器
・2PS 脱毛器など
レーザー式・トリア 4Xなど
サーミコン式・ヤーマン ノーノーヘアなど
電気
シェーバー
・パナソニック フェリエ
・オムニ シェーバーminiノヘア
・貝印 bi-hadaなど
ローラー式・パナソニック ソイエなど
超音波式
高周波式
・ジュエルエピ
・エムジョイ高周波脱毛機など

上記の中には、聞いたことがある家庭用脱毛器の名前も多かったのではないでしょうか?

今は国産品から輸入品まで、いろんな脱毛アイテムをネットで買う事ができます。

特にフラッシュ脱毛器はスーパーや電気屋さんにあまり無いので、ネットで取り寄せると良いですね。

フラッシュ式とレーザー式家庭用脱毛器の違い

商品名 1回に脱毛
できる範囲
コスト 痛み
フラッシュ式 ・広範囲脱毛OK! ・サロンより安い
・友達とシェアOK
・出力を調整可能
レーザー式 ・ちょっと狭い
・全身は難しい
・カートリッジ不要 ・かなり痛い!

結論!買うならフラッシュ式の家庭用脱毛器が1番おすすめ

レーザー脱毛器はカートリッジ不要、長く使う人ほどコスパが良いんですね。

ただし、レーザー脱毛器は1度に脱毛できる面積が少なく、脱毛力が強いだけに痛みもあります。

なので広い面積を快適に脱毛できる、フラッシュ脱毛式脱毛器が1番おすすめと言えるんです。

フラッシュ式のカートリッジは買い足さなくてOKな場合がほとんど

ちなみにフラッシュ式脱毛器でも、ひとり分なら付属のカートリッジで全身脱毛完了まで足りる場合がほとんどです。

カートリッジを買い足すのは友達や家族とシェアした場合や、なかなか毛が減らなかった時だけと考えましょう。

フラッシュ式の家庭用脱毛器の使い方

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、機械から出る光の熱エネルギーで毛根を処理する仕組みです。

なので、心配しなくても使い方は簡単、普通の家電なので誰にでも簡単に扱えますよ。

ただ、痛みを抑えたり、キレイに仕上げるにはコツもあるんです。

家庭用フラッシュ脱毛器の使い方
  • 無駄毛をシェーバーで剃っておく
  • 肌を保冷剤などでよく冷やす
  • 顔脱毛の時はサングラスもかける
  • 電源を入れて出力レベルを調整
  • ボタンを押して光の照射開始!

痛みを抑えるため、脱毛前は丁寧に皮膚を冷やしておくのがポイントですよ。

あと、顔の部分を脱毛するためには、脱毛の光から目を守るサングラスも必要ですね。

サングラスや保冷剤がセットになった家庭用脱毛器も多いので、買う時は付属品もチェックです。

また、光を当ててみて「痛い!」と思ったら出力レベルを下げて、ちょうど良いラインを見つけましょう。

隙間なく光を当てるのがムラの無い脱毛のコツ

そして、商品によって光が出るハンドピースが独立したもの、本体と一体型のものがあります。

どこから光が出るのかよく確認し、隙間なく肌に光を当てるのがキレイに仕上げるコツですよ。

背中やうなじ、お尻など自分で当てにくい場所は、ぜひ家族や友達に脱毛してもらいましょう。

フラッシュ式やレーザー式家庭用脱毛器の効果

そして気になるのが、家庭用フラッシュ脱毛器の効果ですよね。

光を当ててすぐに毛が抜けるわけではないので、効果を実感するにはちょっと回数が必要になります。

家庭用フラッシュ脱毛器の効果
  • 剃る・照射・2週間待つサイクルを10〜20回繰り返す
  • 毛が減り始めるのは最初の3〜4回くらいからが目安
  • 徐々に生えてくる毛が細く少なくなっていきツルツルに

根気強く繰り返す事で結果がじわじわ現れます。くじけずに頑張りましょう!

ここが知りたい!家庭用脱毛器で全身脱毛はできるのか

そして気になるのが、家庭用脱毛器でサロンのような全身脱毛はできるのか?という点です。

先に結論を言ってしまえば、家庭用脱毛器でも全身脱毛はもちろんOKですよ!

しかし、脱毛器の性能次第では全身脱毛が難しかったり、自分で処理するネックもあったりするので注意が必要なんですね。

家庭用脱毛器で全身脱毛する際に注意したい3つのポイント

家庭用脱毛器で全身脱毛はできるけど大変な面もアリ

家庭用脱毛器はいつでも自分のペースで脱毛できて良いですが、キレイに仕上げるのがなかなか難しいんですね。

しかも、機種によっては全身脱毛が難しい場合もあるので要注意ですよ。

全身脱毛に使うなら、照射面積が広いフラッシュ脱毛器を選ぶ必要があります。

テクニックと手間が要求される家庭用脱毛器での全身脱毛、最初からキレイに仕上げるのは難しそうです。

家庭用脱毛器はどれがいい?いま人気の商品を徹底レビュー

家庭用脱毛器はどれがいい?いま人気の商品を徹底レビュー

なるほど、家庭用脱毛器は広範囲脱毛OKなフラッシュ式が1番いいんだ!でも種類が多すぎて選べない・・・。

そんな人のために、スペックや料金からおすすめの家庭用脱毛器をピックアップしました。

安い輸入品の脱毛器は出力が高すぎて危険だったり、逆に効果が無い場合もあります。

事故や損を避けるためには、きちんと選び抜いた家庭用脱毛器を使うと間違い無いんです。

タイプ別で選ぶおすすめの家庭用脱毛器

  • 足や腕も脱毛したいなら1度の脱毛面積が広いケノンやラヴィ
  • ワキやVIOなど狭い範囲の脱毛ならトリアで地道に脱毛
  • フラッシュ脱毛の下準備にノーノーヘアを使っても良し

効率良く手足、胴体の無駄毛を処理するなら断然フラッシュ脱毛式ですね。

特に、照射面積が広いケノンやラヴィなら、一度に多くの毛を処理できますよ。

あと、照射面積は狭いけど効果が高いレーザー式脱毛器のトリアは、ヒゲやVIOなど小さいパーツ向きですね。

フラッシュやレーザー脱毛の下準備のムダ毛処理に、毛を焼き切るノーノーヘアを使うのもアリです。

毛を焼くとチクチクしませんし、カミソリ負けも無いので肌に優しい除毛器ですよ。

家庭用脱毛器の値段や性能をまとめてチェック

では、おすすめした家庭用脱毛器の値段や性能をまとめて紹介しちゃいます。

「あ、お小遣いで買えるかも!」という値段のマシンもけっこう多いんですね。

フラッシュ式家庭用脱毛器:ケノン

ケノンの商品写真

  • 日本一売れてる家庭用脱毛器だから安心感アリ!
  • 脱毛面積が広く全身脱毛にも使える優れモノ
  • 口コミでもツルツルになった人多数の脱毛力
出力調整10段階(レベル1〜10)
照射寿命ラージシングルショット:1〜5万発
※レベル1〜10で照射した寿命
連射回数1〜6回
オートモードあり
照射面積・ラージ:20mm×35mm
・エクストララージ:37mm×25mm
本体値段69,800円(税込)
本体付属品本体・カートリッジ(ラージ)サングラス、クーリングパックなど
カートリッジ値段エクストララージ・ストロングカートリッジ 各9,800円
その他の機能カートリッジを変えれば美顔機能も
ケノンはこんな人におすすめ

家庭用脱毛器で全身脱毛したい人向け

ケノンのおすすめポイント

日本国内で1番売れている家庭用脱毛器がケノンです。バージョンアップを重ね、使い勝手もどんどんUPしています。

カートリッジと本体が家庭用脱毛器にしては高めですが、脱毛サロンに通うよりはずっと安く済みますよ。

今なら本体に長寿命なプレミアム、照射面積が大きいエクストラのカートリッジが付いて来るのも良いですね。

10段階で出力調整できるので、痛いと思ったら出力を下げる事もできて安心感もあります。

肌に当たる部分が交換できるカートリッジ式なので、誰かとシェアしても衛生的ですよ。

フラッシュ式家庭用脱毛器:LAVIE(ラヴィ)

  • 値段は手ごろなのに出力しっかりな優秀マシン
  • 安全性の高い国産でデザインの可愛さも◎
  • カートリッジも長寿命だからコスパも良し
出力調整7段階(レベル1〜7)
照射寿命レベル1で10万発
連射回数2〜5回
オートモードあり
照射面積7.4平方cm
本体値段39,800円(税別)
本体付属品本体・脱毛カートリッジ、クーリングパックなど
カートリッジ値段脱毛カートリッジ・スリムカートリッジ 各4,500円
その他の機能カートリッジを変えれば美顔機能も
こんな人におすすめ

コスパ重視でお家脱毛したい人には最適

LAVIE(ラヴィ)はリーズナブルなのにしっかり脱毛できる、国産の優秀家庭用脱毛器です。

手に持って使うハンドピースも軽量で、照射面積も広いので使い勝手も◎ですね。

カートリッジもLV1なら全身250周も使えるロング寿命も大きな魅力と言えます。

とにかくコスパが良いですし、インテリアとしても可愛いデザインも人気の秘密です。

連射装置のおかげで強い光を一気に当てなくても脱毛力が発揮でき、痛みを抑える事ができるのもメリットですね。

フラッシュ式家庭用脱毛器:シルキン センスエピJ

センスエピの商品写真

  • 肌にマシンをスライドさせるだけ!手早くムラ無し脱毛
  • 値段がリーズナブルなので挑戦しやすい家庭用脱毛器
  • カートリッジが交換ができないデメリットも・・・
出力調整5段階
照射寿命15万発
連射回数自動連射のスライド式
オートモードあり
照射面積2.7平方cm
本体値段24,800円(税別)
本体付属品本体ほか
カートリッジ値段カートリッジ交換不可
その他の機能ボタンが無い全自動タイプ
センスエピはこんな人におすすめ

ちょこっと脱毛したいカジュアル派に

センスエピはイスラエル製の家庭用脱毛器です。肌の上を滑らせるだけで脱毛できる優れものですよ。

しかも値段が安く、小ぶりで使い易いのもポイントです。

ただコードレスでは無い電源式なので、背中やVIOをするにはちょっと邪魔かも知れません。

そしてカートリッジ交換不可の使い切りタイプなので、値段の割に寿命は短めと言えます。

ちょこっと脱毛したい人向け、ライトな家庭用脱毛器がセンスエピJです。

レーザー式家庭用脱毛器:トリア パーソナルレーザー脱毛器4X

トリアの商品写真

  • アメリカで医療機器認証FDAを取得したレーザー脱毛器
  • 肌色や毛の色に合わせた最適な脱毛ができる機能付き
  • 照射面積が狭いので顔やVIOなど小さなパーツ向き
出力調整5段階(レベル1〜5)
照射寿命充電回数500回分
照射面積0.785㎠
本体値段56,800円(税込)
本体付属品本体・スージングジェル
カートリッジ値段カートリッジ交換なし
その他の機能充電式で持ち運べる
トリアはこんな人におすすめ

ヒゲやVIOなど狭い範囲をツルツルにしたい人向け

トリアはアメリカで医療機器認証も受けた家庭用レーザー脱毛器です。

産毛に強く、毛の復活を抑える力が強いダイオードレーザー内蔵で、カートリッジ交換も不要なんですよ。

しかし、照射面積が狭く、レーザー式なので痛みが強いネックがあります。

手足も脱毛しようと思うと時間がかかりすぎるので、ヒゲやVIOなど細かいパーツ向けのアイテムです。

ワキだけ脱毛するのでも1回のお手入れで100回照射が目安なので、かなり手間がかかりますね。

ただ、ヒゲや産毛への効果は高いので、クセはあるけど上手に使えば効果◎な個性派マシンと言えます。

サーミコン式家庭用脱毛器:ヤーマン ノーノーヘアスマートプロ

ノーノーヘアの商品写真

  • 無駄毛を焼き切るから産毛もしっかり燃える
  • カミソリで剃ったようなチクチク感が無いのが魅力
  • フラッシュ脱毛の下準備にも使えるアイテム
本体値段28,381円(税別)
本体付属品本体・ワイドチップ・スモールチップなど
カートリッジ値段サーミコンチップJワイドセット2個2,096円(税別)
サーミコンチップJスモールセット2個2,381円(税別)
その他の機能充電式で持ち運び可能
ノーノーヘアはこんな人におすすめ

カミソリ負けしがちな敏感肌の人

毛を焼き切る除毛器なので、毛を生えなくする脱毛効果はありません。

あくまでカミソリと同じく、生えてる毛をカットする除毛器がノーノーヘアなんですね。

熱線で焼き切るのでチクチクせず、肌へのダメージも控えめなアイテムです。

ただ、熱線で毛が焼ける匂いがする、時々熱を感じる、こまめなカートリッジ交換が必要というネックもあります。

カミソリで剃ると肌が負ける人向けの家庭用除毛器と言えるでしょう。

全身脱毛するなら結局どっち?脱毛サロンVS家庭用脱毛器

ここまで家庭用脱毛器について紹介しましたが、気になるのが「結局、脱毛サロンとどっちがよいの?」という部分ですよね。

そこで費用、手軽さ、脱毛力の3ポイントでサロンの美容脱毛と家庭用脱毛器を比べてみましょう。

金額では家庭用脱毛器が有利

まず、金額では家庭用脱毛器が有利ですね。高くても7万円くらいの低コストが魅力です。

脱毛サロンの費用家庭用脱毛器の費用
・脱毛回数に応じて値段が決まる
・全身脱毛の相場は20〜40万円
・数万円のマシンで脱毛し放題
・友達とシェアしてもOK!
・フラッシュ脱毛式なら相場は10万以下

しかも、自分用のカートリッジを買えば友達や家族と本体をシェアできるのも家庭用脱毛器の魅力ですね。

6万円の脱毛器を3人でシェアすれば2万円、これは賢い買い物と言えそうです。

手軽さでは家庭用脱毛器も脱毛サロンも引き分け

そして手軽にできる、面倒くささや恥ずかしさで見ると引き分けと言えます。

脱毛サロンの手軽さ家庭用脱毛器の手軽さ
・ベッドに寝てれば脱毛してくれる
・でも予約した日に来店しないとダメ
・いつでも脱毛できて手軽
・でも自分で脱毛するのは手間・・・

家庭用脱毛器ならいつでも脱毛OKですが、脱毛サロンだと予約した日に縛られるのが面倒ですよね。

ただし、家庭用脱毛器は自分でマシンを扱って脱毛しないといけないので、かなり手間がかかるのがネックです。

一方で脱毛サロンは寝ているだけで脱毛してもらえて快適ですね。

つまり、脱毛サロンも家庭用脱毛器も、手間は同じくらいかかると言えます。

仕上がりでは脱毛サロンが圧勝!

そして最後に、重要な仕上がりの違いです。

脱毛サロンの仕上がり家庭用脱毛器の仕上がり
・プロが脱毛するので打ち漏れ無し
・背中やお尻もキレイに全身脱毛
・業務用マシンだから脱毛力が高い
・自分でやるから毛がまばらに・・・
・効果が出るのもサロンより遅い

仕上がりは圧倒的に脱毛サロンのほうが良いと言えます。背中からお尻まで、プロの手でツルツルになれるんです。

そして、出力はほぼ一緒でも脱毛サロンの業務用マシンのほうが性能的には上なんですね。

家庭用と業務用脱毛機の出力はほぼ同じだけど・・・

一般的に言われるのが、脱毛サロンのほうが出力が強いから効果でるよ!という事です。

ここにはひとつ間違いがあって、家庭用脱毛器も業務量脱毛機も出力はほぼ20ジュールが最大、それほど変わりません。

本当はその何倍も出力を高める事は出来るのですが、安全のため力をセーブしてるのが日本の脱毛器なんですね。

脱毛サロンの業務用脱毛機は効果が高いし痛くない

しかし、家庭用脱毛器で痛みを抑えるために使う保冷剤の代わりに、業務用マシンには冷却装置が内蔵されています。

自動で肌を冷やしつつ脱毛するため痛みが家庭用よりグッと少なく済みますし、スピーディに脱毛が終わりますよ。

また、同じ出力でもそのエネルギーを伝える熱伝導率も業務用のほうが高く、無駄毛の抜けも脱毛サロンのほうが良いんです。

そして、脱毛サロンは背中やお尻など見えない場所もプロが脱毛するため漏れが無く、無駄毛がキレイに抜けるんですね。

つまり、脱毛するならサロンの業務用マシンのほうが圧倒的に良いんです!

最終結論!脱毛するなら家庭用脱毛器より脱毛サロンがおすすめ

  • コスト面と自由さなら家庭用脱毛器の勝ち!
  • 脱毛力や仕上がりのキレイさは脱毛サロン
  • 全身脱毛するなら脱毛サロンがおすすめ

徹底してお金をかけたくないなら家庭用脱毛器も良いですが、全身脱毛するなら脱毛サロンがおすすめです。

脱毛サロンなら仕上がりがキレイで手間いらず、痛みも少ないので快適にツルツルになれますよ。

例えるなら、髪のホームカットと美容室のカットでは仕上がりが違うのと同じですね。

ただし、子育て中で外出が難しい、仕事が忙しい、どうしても他人にVIOを見られたくない人もいますよね。

そんな時は家庭用脱毛器が役立ってくれるので、効率良く脱毛できるケノンやラヴィを試してみましょう。

この記事を読んだ方におすすめの記事

 

こちらの記事もよく読まれています

SALON RANKING
キレイモ
スリム効果ありの脱毛
キレイモ

銀座カラー
全身脱毛し放題で安心
銀座カラー

ストラッシュ
痛みの少ないスピード脱毛
ストラッシュ

コロリー
平日昼間は格安で脱毛OK
コロリー

ミュゼ
ワキ脱毛ならおすすめ
ミュゼ
  • キャンペーン情報
  • 予約・混雑状況

全身脱毛コラム

脱毛サロンの通い方

はじめての全身脱毛

はじめての永久脱毛

全身脱毛メニュー

全身脱毛が可能なおすすめ脱毛サロン

全身脱毛が可能なおすすめ医療脱毛クリニック

全国主要都市の全身脱毛サロン

ページのトップへ